望みを失い、気落ちした者に

恐れるな、シオンよ、
あなたの手を下ろすな。
あなたの神である主が
あなたと共におられる、
強い主が。
ゼファニア書3:16~17

 

弟子たちは舟に乗り込んだが、
その夜は何もとれなかった。
しかしすでに夜が明けたころ、
エスが岸に立っておられた。
ヨハネ21:3~4

 

 Ⅰペトロ1:13~21
 1テサロニケ5:12~28(通読箇所)
   (ローズンゲン『日々の聖句』11/23・祝)

 

     ―――― ☆  ――――


 恐れて、気力を失い、力なく手を下ろしてしまわないように、
と言われるのですね。
聖書が啓示している神、
天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と
名乗られる方(出エジプト3:14)が、

私たちのただ中にいてくださるのですから。
勇士である強い方が。

 

 

 師と仰ぎ、この方こそ救い主、キリストと
望みをかけていたイエス
エルサエムで十字架刑で処刑され、
失望の中ガリラヤに帰った弟子たちが、
漁をとろうと船に乗り込み、一晩中、網をうったのですが、
その夜は何もとれなかったのだそうです。

夜が明け始め、彼らが力なく岸に引き返そうとするとき、
復活したイエスが岸に立っておられたのだそうです。
けれども、弟子たちには、それがイエスであるとは、
分からなかった。
エスは彼らに言われた。
「子どもたちよ。食べる魚がありませんね。」
彼らは答えた。「ありません。」
エスは彼らに言われた。
「舟の右側に網を打ちなさい。そうすれば捕れます。」
そこで、彼らは網を打った。
すると、おびただしい数の魚のために、
もはや彼らには網を引き上げることができなかった。

それで、イエスが愛されたあの弟子が、ペテロに
「主だ」と言った。
ペテロは「主だ」と聞くと、裸に近かったので
上着をまとい、湖に飛び込んだ。
一方、ほかの弟子たちは、魚の入った網を引いて
小舟で戻って行ったのだそうです。(ヨハネ21:3~8)
気落ちしていた弟子たちのところに、イエスが来てくださって。
 

 

 ペテロは言います。
「ですから、あなたがたは心を引き締め、身を慎み、
イエス・キリストが現れるときに与えられる恵みを、
ひたすら待ち望みなさい。
従順な子どもとなり、以前、無知であったときの欲望に従わず、
むしろ、あなたがたを召された聖なる方にならい、
あなたがた自身、生活のすべてにおいて聖なる者となりなさい。「あなたがたは聖なる者でなければならない。
わたしが聖だからである」と書いてあるからです。


また、人をそれぞれのわざにしたがって公平にさばかれる方を
父と呼んでいるのなら、
この世に寄留している時を、恐れつつ過ごしなさい。

ご存じのように、あなたがたが先祖伝来の
むなしい生き方からあがない出されたのは、
銀や金のような朽ちる物によらず、
傷もなくけがれもない子羊のようなキリストの、
尊い血によったのです。

キリストは、世界の基が据えられる前から知られていましたが、
この終わりの時に、あなたがたのために現れてくださいました。
あなたがたは、キリストを死者の中からよみがえらせて
栄光を与えられた神を、キリストによって信じる者です。
ですから、あなたがたの信仰と希望は神にかかっています」と。(Ⅰペテロ:13~21)

 

 

 イエスを通して来てくださる【聖である霊】と呼ばれる方が、
私たちの心に置いてくださる【父である神】の御思いは、
私たちの間で労苦し、主、イエスにあって私たちを指導し、
訓戒している人たちを重んじ、
その働きのゆえに、
愛をもって、この上ない尊敬を払う思いであり、

また、お互いに平和を保ち、怠惰な者を諭し、
小心な者を励まし、弱い者の世話をし、
すべての人に対して寛容な思いをもつものなのだそうですから。

だれにも、悪に対して悪を返さないように気をつけ、
互いの間で、またすべての人に対して、
いつも善を行いたいと。

いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことにおいて感謝し、
御霊を消さないように。
また、預言を軽んじることなく、吟味し、
良いものはしっかりと保ち、あらゆる形の悪から離れて。

平和の神ご自身が、私たちを完全に聖なる者としてくださり、
私たちの霊、たましい、からだのすべてが、
私たちの主イエス・キリストの来臨のときに、
責められるところのない者として保ってくださって。

私たちを召された方は真実ですから、
そのようにしてくださるのだそうです。

私たちの主イエス・キリストの恵みが、
私たちとともにあるようにしてくださって。(1テサロニケ5:12~28)

今日も。

 

 

~~~~~~~~

(聖書のことばへの疑問やご意見、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

 

〈(株)ブレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

〈復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキング]