読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主人のすることを知っている、友と呼ばれて

主にあって私の心は喜びます。サムエル記上2:1

 

 イエスの言葉:

もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。

僕は主人が何をしているか知らないからである。

わたしはあなたがたを友と呼ぶ。

父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。ヨハネ15:15

 

 ルカ22:1~6

 ルカ23:13~25

  (ローズンゲン日々の聖句4/12;水)

 

 私たちもイエスが完成してくださった救いにより、天の神、主、「わたしはあるという者」と名乗られる方の中にいる者、御思いの中にいる者としていただいて、心、喜ぶ者にしていただけるのだそうです。

 

 イエスは、〔父である神〕が、イエスを通して伝えるようにおっしゃられたことは、みな、知らせた。

あなたがたは主人がすることを知っている者になったから、

そして、それを行うから、

あなたがたはわたしの友だとおっしゃっておられるようです(ヨハネ15:14~15)。

 

 イエスの12弟子のひとり、カリオテ村の人、ユダは、イエスが、自分たちが望んでいるような、王として立って、ローマ軍を打ち破り、ダビデの王国を再現する方向に行かないのを感じて、金をもらって、群衆のいないところで、イエスを祭司長たちに引き渡すことを承知したのだそうです(ルカ22:1~6)。

 

そして、このユダの手引きによって、深夜、弟子たちだけしかいないところで捕らえられたイエスは、祭司長たちによって、自分を王だと主張してローマ皇帝に反逆する者として訴えられたのだそうです。

そして、祭司長たちは群衆を扇動し、そのような罪は見当たらないから釈放すると言う、ローマ総督ピラトに迫って、イエスを十字架刑で処刑させたのだそうです。

暴動と人殺しのかどで処刑されるはずだったバラバに代わって。

バラバのために用意されていた十字架に。

 

 そのように、イエスは、私たちに代わって、私たちが負うはずだった〔的外れ〕の責任をご自身に負って十字架刑での処刑を受けてくださって、私たちの処罰が済んでいることにしてくださっているのだそうです。

 

 それで、このことが成っている今は、〔聖である霊〕と呼ばれる方が私たちのところに来られても、私たちが滅びてしまうことがないようにしてくださっているのだそうです。

 

 この、イエスが派遣してくださる〔聖である霊〕と呼ばれる方が、受け入れる者の心に、〔父である神〕が一人一人に思っていてくださる御思いを置いてくださるので(エゼキエル36:25~27)、受け入れる者は、「主人のすることを知っている友」としていただけて、〔父である神〕が、私たち一人一人を通してしようと思っておられることをする者に(ヨハネ15:14)していただけ、心。喜ぶ者にしていただけるるのだそうです。

 

 心に置いてくださる御思いについて行ってみればいいのだそうですね。

今日も。

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

 

[https://blog.with2.net/link/?1470390 人気ブログランキングへ]

 

[269RANKのランキングサイト]